沿革
History

 


 

1968
(
昭和43)

親会社であるキーパー株式会社が、船舶の重要部品である油潤滑式船尾管シール装置のバイトンシール(フッ素ゴム製)を開発し、日本郵船株式会社殿所有の紀伊丸に納入。
キーパー株式会社としてはじめて船舶業界に進出した。

1977
(
昭和52)

海水潤滑式船尾管シール装置(スターンキーパー)を開発し、販売を開始した。

1980
(
昭和55)

海水潤滑式船尾管シール装置が防衛庁の護衛艦に採用された。

1983
(
昭和58)

海水潤滑式船尾管シール装置が海上保安庁のヘリ搭載船に採用された。

1988
(
昭和63)

隔壁シール装置(SKH)を開発し、販売を開始した。

1989
(
平成元年)

キーパー株式会社の船舶部門を分社し、スターンキーパー株式会社として発足した。

1994
(
平成6)

自立型自動腹盤木の製造・販売を開始した。

1995
(
平成7)

ラダーシール装置(SKR)を開発し、販売を開始した。

2003
(
平成15)

新型隔壁シール装置(SKH-II)を開発し、販売を開始した。

 

 

[ HOME ] [ 社長挨拶 ] [ 会社概要 ] [ 沿革 ] [ 製品紹介 ] [ 技術紹介 ] [ カタログ ] [ お問合せ ] [ 地図 ]


Copyright (C) 1989 - 2016 スターンキーパー株式会社